• 04-7153-8001
    東武アーバンパークライン「運河駅」西口より徒歩1分
    駐車場あり
  • Web予約
  • 休診日:水曜、日曜、祝日
    受付時間 日祝
    9:00~12:00
    15:00~18:00

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

  • 下肢静脈瘤は足の静脈が太くなって瘤ができ、血流が滞ってしまう病気です。下肢の静脈を流れる血液は足先から心臓まで重力に逆らって戻らなくてはなりません。第2の心臓と言われるふくらはぎの筋肉が収縮することにより血液が心臓へと戻っていきます。また逆流しないように静脈には弁がいくつも付いています。長時間の立ち仕事や妊娠出産、加齢、遺伝的要因(両親とも静脈瘤があると90%)、肥満、便秘などによりこれらの弁が壊れていきます。その結果、押し出された血液がまた戻ってしまい静脈内に血液が溜まりやすくなり、表面の静脈が膨らみ瘤が見られるようになるのです。

下肢静脈瘤の症状

  • 下肢に静脈瘤が出現しても、初期には見た目のほかに特段の症状が出現しないケースも多いです。しかし、次第に脚がだるくなったり、重く感じたり、浮腫んだりします。脚に不調を感じた時は、静脈瘤が原因かもしれません。
  • それらの症状は、ふくらはぎを揉むことで症状が一時的に軽くなります。しばらく横になり、足を少し上げて休息することも有効です。
  • しかし、静脈瘤自体は自然に治ることはありません。進行するとうっ滞した血液の成分が染み出し、皮膚が黒ずむ色素沈着を起こします。さらに悪化すると皮膚が硬くなったり、皮膚潰瘍、出血を起こすこともあります。

下肢静脈瘤の主な症状

  1. 足がだるく、重い。
  2. こむらがえり(就寝中に足がつる)
  3. 痒み
  4. 夕方に足がむくむ
  5. 色素沈着(皮膚が黒ずむ)
  6. 潰瘍
  7. など

下肢静脈瘤の治療

  1. 圧迫療法
  2. 硬化療法
  3. レーザー焼灼術 など

圧迫療法

  • 下肢静脈瘤に伴う症状は、弾性ストッキングを着用することにより緩和されます。
  • しかし、この圧迫療法で下肢静脈瘤そのものが治るわけではありません。あくまでも症状を一時的に軽減させたり、進行を遅くする目的で行われます。そのため、症状が悪化した際には、その他の治療法が必要になります。
  • また、他の治療法の補助療法として術後には弾性ストッキングによる圧迫療法は必要となります。

硬化療法

  • 網の目やクモの巣のような静脈瘤などに対して行います。静脈瘤のある部位に硬化剤を注入してから弾性ストッキングと弾性包帯で圧迫し、血管を潰して固めてしまう治療法です。治療後に茶褐色に変色する色素沈着を認めますが、半年程度で徐々になくなっていきます。

レーザー焼灼術

  • 静脈瘤の原因となる逆流している静脈をレーザーを用いて焼きつぶしてしまう方法です。下肢静脈瘤に伴う症状があり、大伏在静脈(足の付け根から足首)と小伏在静脈(膝の裏から足首)に逆流がある場合に適応となります。
  • レーザー焼灼術
  • これらの静脈の逆流については超音波検査にて簡単に判断できます。従来の静脈抜去術に比べ、出血や術後の痛みが少なくて済みます。

方法

  • 局所麻酔をして、逆流している大伏在静脈もしくは小伏在静脈にレーザーのカテーテルを挿入します。
  • レーザー焼灼術
    レーザー焼灼術
  • 静脈の周囲にも局所麻酔を行い、静脈をレーザーで焼きます。
  • レーザー焼灼術
  • 手術中にはウトウトとする静脈麻酔薬を使用しますが、入院する必要はなく日帰りで手術が可能です。逆流している静脈を処置することにより静脈瘤が目立たなくなります。

手術後

  • 手術当日は自動車、自転車の運転を控えて頂きますが、日常生活は通常通りに過ごすことができます。シャワーは手術の翌日から可能です。
  • 手術後は3日以内と一か月後に外来を受診してください。術後も静脈瘤が残存する場合には硬化療法を追加することもあります。
診療科目
内科・循環器内科・血管外科
院長
宇野澤 聡
住 所
〒270-0101 千葉県流山市東深井382-20
TEL
04-7153-8001
最寄駅
東武アーバンパークライン「運河駅」西口より徒歩1分
休診日:水曜、日曜、祝日
受付時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
PAGE TOP
  1. 04-7153-8001
  2. PAGE TOP