• 04-7153-8001
    東武アーバンパークライン「運河駅」西口より徒歩1分
    駐車場あり
  • Web予約
  • 休診日:水曜、日曜、祝日
    受付時間 日祝
    9:00~12:00
    15:00~18:00

予防接種

予防接種について

  • 冬になると毎年のように患者数が増加するインフルエンザなどは、あらかじめ予防接種を受けておくことによって疾患リスクを減らすことが出来ます。また、罹患してしまったとしても、ワクチンを接種しない場合よりも病気の状態が軽くて済むようになります。
  • 予防接種は、ご本人がインフルエンザ等になりにくくなるだけでなく、周囲の方々にインフルエンザウイルスを蔓延させるリスクも減らせます。特に、体力や免疫力が弱まっている高齢者の方やお子さまは、ワクチン接種による効果が得られます。
  • 高齢者施設や学校、会社、公共施設、娯楽施設など、インフルエンザに罹患するおそれのある機会は沢山あります。ワクチン接種によって感染リスクをゼロにすることは出来ませんが、罹患した場合でも重症にならずに済むよう、事前に予防接種を受けるようにして下さい。

当院で行えるワクチン接種

ワクチン接種
  • 当院では、インフルエンザ(高齢者・自費)、肺炎球菌(高齢者)、風疹、日本脳炎(2期)、二種混合、B型肝炎(自費)の予防接種が可能です。事前にお電話にてご予約のうえ、お気軽にご受診ください。

インフルエンザワクチン(高齢者)

  • 原則として65歳以上(一部60歳以上)の方は、お住まいの自治体(市町村)にて定期接種を受けることが出来ます。
  • なお、インフルエンザは主に個人予防に重点を置いたB類疾病です。そのため、このワクチン接種については政府による接種勧奨はなく、努力義務もありません。あくまでもご本人の判断にて接種を決めることになります。但し、ワクチン接種を原因とした副反応が生じた場合には健康被害救済制度を受けることが出来ます。
  • ワクチン接種対象者への通知時期、公費助成の有無、助成内容(補助金の額など)、助成の時期については、自治体によって違いがあります。ご不明な点がございましたら、お住まいの自治体にご確認ください。

インフルエンザワクチン(自費)

  • 公的助成の対象外の方がインフルエンザのワクチン接種を受けるときは、自費となります。但し、費用はかかりますが、接種によってインフルエンザに罹患しにくくなったり、仮に罹患したとしても軽症でとどめる効果が期待できます。冬の流行期にインフルエンザで苦しむことを予防するためにも、ワクチン接種をお勧めいたします。

肺炎球菌ワクチン(高齢者)

  • 肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐ上でもワクチン接種が重要となります。近年は、抗菌薬の耐性化によって治療が困難な症例が増加していますので、ワクチンによって事前に感染リスクを下げておくようにして下さい。
  • なお、高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく定期接種となります。原則として、65歳以上で5年ごとの節目年齢(65、70、75、80歳など)について費用の一部または全額が助成されるのですが、自治体によって異なります。詳しくは、お住いの市町村(保健所・保健センター)にお問い合わせください。

風疹予防ワクチン

  • 風疹はウイルス性の全身疾患であり、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどが特徴的です。お子さまでよく見られますが、大人になってから罹患することもあります。その場合、高熱が続き、関節の痛みが生じるなど、比較的に重い症状が出やすいので注意が必要です。特に問題となるのは、妊婦への感染です。妊娠初期に風疹ウイルスに感染すると、胎児にも感染が及び、生まれてきた赤ちゃんに白内障、先天性心疾患、難聴、発達遅延などが起こるケースがあります。
  • 風疹を事前に予防するには、風疹のワクチン接種が有効です。このワクチン接種を受けたことのない方、接種したかどうかわからない方、特に妊娠可能な女性とそのパートナーは、お早めに接種を受けるようお勧めいたします。
  • 妊娠中は風疹ワクチンの接種を受けることができませんので、その前に受けるようにしましょう。
  • 妊娠を希望する女性とその配偶者の方などに対して千葉県が実施する風しん抗体検査で抗体価が低いとされた方を対象に、風しん予防接種(任意接種)の費用助成があります。

日本脳炎(2期)

  • 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを保有している蚊に刺されることによって感染する病気です。以前はお子様や高齢者の方によく見られたのですが、最近はワクチンを接種している方が増えたり、媒介する蚊に刺される機会が少なくなったため、発病するケースは減少しています。
  • 但し、一旦発症すると、致死率は20~40%になると言われておりますので、注意が必要です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などとともに発症し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こしてしまい、最悪の場合は死に至ることもあります。
  • 日本脳炎を予防するための有効な方策がワクチン接種です。第1期は生後6ヶ月から接種が可能ですが、多くの地域で3歳からの接種となっています。感染源となる養豚場が多く、そのため患者数が比較的に多い西日本では、6ヶ月から接種した方が良いという意見もあります。そして、9~12歳に第2期の接種を行います。第1期の場合は合計3回の接種が必要ですが、第2期は1回のみの接種で大丈夫です。
    当院では第2期の接種を行なっております。

二種混合

  • 二種混合ワクチンとは、ジフテリアと破傷風という二つの病気を予防することが出来るワクチンです。一般的な接種期間は11歳~13歳未満であり、多くは小学6年生のときに行われます。
  • なお、赤ちゃんの頃に三種混合ワクチンをお受けになったかと思いますが、三種混合ワクチンはジフテリア、破傷風、百日咳という三つの病気に対するワクチンです。この三種混合ワクチンから百日咳ワクチンを除いたものが二種混合ワクチンです。

B型肝炎ワクチン(自費)

  • B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染する病気です。以前は輸血の際に感染することもありましたが、現在は殆ど見られません。しかし、性行為や刺青によって感染するケースは依然として少なくありません。この他、母子感染、医療機関などでの針刺し事故もあります。
  • B型肝炎は、感染した時期や健康状態によって一過性感染で留まる場合もあります。しかし、6ヶ月以上にわたって感染が持続するケースもあり、肝臓の機能が著しく低下します。この場合、B型慢性肝炎に移行することがよくあります。
  • このように、B型肝炎は最終的に命にも関わりかねません。あらかじめB型肝炎のリスクを下げたり、母子感染を予防するため、B型肝炎ワクチンを接種するようにしましょう。なお、妊娠中の検査でB型肝炎のキャリアだと分かったときなどは健康保険が適用されますが、通常は自費での対応となります。
診療科目
内科・循環器内科・血管外科
院長
宇野澤 聡
住 所
〒270-0101 千葉県流山市東深井382-20
TEL
04-7153-8001
最寄駅
東武アーバンパークライン「運河駅」西口より徒歩1分
休診日:水曜、日曜、祝日
受付時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
PAGE TOP
  1. 04-7153-8001
  2. PAGE TOP